鯖江産メガネ シャルマンラインアートのかけ心地

国産メガネの雄、鯖江発。

シャルマンのラインアートの抜群のかけ心地はいかに?

「未体験のかけ心地」「抜群のかけ心地」「究極のかけ心地」

「軽い」「かけ心地がいい」「安定感がある」とは聞くものの

その評判のかけ心地、実際のところどうなんでしょうか?

生意気ながら、ラインアートのメガネの評価をしてみました!

151025_WEBメガネ_サムネ製作_rb

他ブランドとの決定的にかけ心地に違いがあるのは

「エクセレントチタン」使用という点。

しなやかで形状記憶の独自開発のチタンを使っていますので

耳にかける従来のかけ心地とは違い

お顔全体を包み込む、フィット感あるかけ心地が特徴。

この独特のかけ心地、従来の「耳でかける」メガネをお使いの

お客様ですと、「頼りない」「軽すぎる」といった

違和感を感じることも・・・・が、しかし、、

数日間、このかけ心地に慣れていただくと

もう他のただ軽いメガネはかけれなくなってしまうほどの

究極のかけ心地なんです。

img_lineart_01

私が店頭に立ってラインアートをお客様におススメするうえで

多くのお客様が不安に思っているのが「強度」

XL1406_BE

五線譜をモチーフにしたQuintet(クインテット)は

累計販売本数100万本を超えるヒット商品。

テレビや雑誌で芸能人や政治家の方が

かけているのをよく目にするラインアートの

象徴的なモデルといえます!

ただこの五線譜モチーフ、見るからに頼りない!

XL1419_BR

こちらのドルチェモデルも頼りなく見えますが

ご安心ください!先ほども言いましたが

「エクセレントチタン」なんです!

形状記憶、衝撃への弾性が強く

多少の衝撃程度はへっちゃらでございます。

もちろん安心の国産ブランドですので

部品の保持期間が長く、修理も安心です!

「調整・フィッテイング」という点で、エクセレントチタン部分は

カーブを強くしようと職人が調整しても

テンプル部分は反発して調整不可!

ただテンプル付け根部での調整は可能ですし

テンプルカーブは日本人の頭部データサンプルを採集し

そこから生まれた包み込むようなかけ心地は

調整いらずとも言えます。

120413lineartcharmant_forte01_1200

メンズラインもかなり充実しています。

セルフレームは重いから苦手!と敬遠していた方も

ラインアートのセルフレームはかけ心地抜群でおススメです!

「マツコの知らない世界」や「カンブリア宮殿」など

メディアでも紹介される評判はやはり本物。

・・・・・批評結果・・・・・

僕がいくらこのかけ心地を熱く語ったところで

かけてそのかけ心地を体感するのが一番。

元も子もないブログになってしまいましたが・・

是非ラインアートのかけ心地、体験してみてください!

 

Comments are closed.